【巨人】大城、今季4度目の猛打賞 延長11回に死球を受けるも「大丈夫です」

8回2死、大城卓三が左中間三塁打を放つ(投手・中村恭平、カメラ・相川 和寛)
8回2死、大城卓三が左中間三塁打を放つ(投手・中村恭平、カメラ・相川 和寛)

◆広島2×―1巨人(13日・マツダスタジアム)

 巨人の大城卓三捕手(26)が、3安打1死球で4度出塁した。

 2回にチーム初安打となる右前安打を放つと、7回先頭でも右前安打。9回2死では左中間フェンス直撃の三塁打で今季4度目の猛打賞を記録した。「いい感じで振れていたのでよかったです」と振り返った。

 また、延長11回2死二、三塁では広島・遠藤の直球が左肘付近に直撃した。苦悶(くもん)の表情を浮かべたが、試合後は「大丈夫です。また明日頑張ります」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請