【卓球通信】ゴルフ・渋野をお手本に攻めのプレー貫け

渋野日向子
渋野日向子

 ゴルフの全英女子オープンで日本人42年ぶりのメジャー制覇を達成した渋野日向子(20)の活躍は、卓球界にも刺激を与えている。男子日本代表の倉嶋洋介監督(43)は今月5日から6日間の合宿で「ちょうど優勝したタイミングだったので、彼女を例にメンタルの話をした。おのおの感じ方は違うと思うけど、モチベーションは上がってるんじゃないか」と明かした。

 倉嶋監督はメディアを通じて渋野の発言を聞き「準備力や想定力、どういった場面で自分が緊張するかを理解して、それに向き合っている」と感銘を受け、攻めのプレーを貫く姿も参考になったという。「卓球でもみんな勝ちたいと思い過ぎて、セーフティーにいってしまう部分があった。アグレッシブなプレーを入れていかないと勢いに乗れないし、世界のトップや中国選手には勝てない」。重圧の中で代表選考レースを戦う選手のヒントとなることを願っていた。(林 直史)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請