アプガ(2)、つんく♂の残暑見舞いに大喜び「チーズティーのようなクセになるアイドルに」 

都内で新シングル「Be lonely together」の発売イベントを行った「アップアップガール(2)」(前列左から)鍛治島彩、佐々木ほのか、島崎友莉亜、高萩千夏、(後列同)森永新菜、吉川茉優、新倉愛海、中川千尋
都内で新シングル「Be lonely together」の発売イベントを行った「アップアップガール(2)」(前列左から)鍛治島彩、佐々木ほのか、島崎友莉亜、高萩千夏、(後列同)森永新菜、吉川茉優、新倉愛海、中川千尋

「アップアップガールズ(仮)」の妹分で、女性8人組グループ「アップアップガールズ(2)」が13日、都内で新シングル「Be lonely together」の発売イベントを行った。

 同曲や「ワッチャウッ!」などを披露。4作連続でサウンドプロデュースを務めるつんく♂(50)から、原宿のチーズティー専門店「フォーチュナーティーボックス」の商品が残暑見舞いとして届けられると、8人は「つんく♂さんの女子力!」「有名なヤツ」と大興奮だった。前回は歌詞にちなんだスイートポテトの差し入れだったが、今回は流行の先端をいった差し入れのサプライズ。リーダーの高萩千夏(22)は「チーズティーのようにクセになるアイドルになって、みんなをトリコにしたいですし、流行の最先端をいきたいです。つんく♂さん、ファンの皆さんの期待に応えられるように頑張りたいです」と声を弾ませた。

 3月に森永新菜(18)、島崎友莉亜(16)、新倉愛海(あみ、16)が加入し、7月に橋村理子(19)が脱退。8人組として再始動した。鍛治島彩(20)は「私たちが売れないと、事務所がヤバイんです。何でもやるのでよろしくお願いします。(ブラック企業ではなく)私たち、ホワイトです」と切実な訴え。同グループは、11月4日に東京・恵比寿リキッドルームで新体制初の単独ライブ(後4時)を行う。

 高萩は「結成以来の目標が日本武道館(公演)。リキッドルームを、ソールドアウトさせたい」と意気込んだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請