【巨人】メルセデス、7回途中1失点、自己最多10Kの好投

先発のメルセデスは8回途中で降板
先発のメルセデスは8回途中で降板

◆広島―巨人(13日・マツダスタジアム)

 巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(25)が、7回途中1失点、自己最多の10奪三振と好投した。

 2回に連打で1失点したが、6回まで2度の三者連続を含む10奪三振で最少失点に抑えた。

 7回1死から連打、死球で満塁のピンチを作った所で降板したが、2番手の高木が安部、三好を抑える好救援を見せた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請