鶴竜がV2へ三番稽古スタート 正代に11戦全勝

鶴竜(右)は正代を指名して夏巡業初の三番稽古を行った
鶴竜(右)は正代を指名して夏巡業初の三番稽古を行った

 大相撲の夏巡業が13日、青森市で行われた。2場所連続優勝を狙う横綱・鶴竜(井筒)は、今巡業で初めて相撲を取る稽古を開始。幕内・正代(時津風)を指名して11戦全勝と状態の良さをアピールし、「自分の体の反応を試した。動きも確かめられたので良かった」と満足顔だった。

 12日の巡業地・山形からバスで約6時間をかけて青森入り。「自分はバスの中で寝られないタイプ」と疲れはあったが、幕内力士の先頭に立ち、約1600人のファンを魅了した。

 しっかりと秋場所(9月8日初日・両国国技館)を見据えた稽古内容に「これから(本場所で)当たりそうな相手とどんどんやっていきたい」と、さらに調整のギアを上げていくつもりだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請