富士学苑・黒田が団体に続き78キロ級も制覇…全国高校総体柔道女子

女子78キロ級で優勝した富士学苑・黒田(右)
女子78キロ級で優勝した富士学苑・黒田(右)

◆全国高校総体柔道女子78キロ級 ▽決勝 黒田亜紀(山梨・富士学苑) 反則 池田紅(東京・藤村女子)(13日、鹿児島アリーナ)

 女子78キロ級は、黒田亜紀(山梨・富士学苑3年)が初優勝を飾った。主将としてチームを引っ張った12日の同団体に続き、個人でも日本一に輝いた。

 決勝は相手の反則負け。黒田は「投げて勝ちたかったですが」と本音も口にしたが「とにかく優勝したかった。うれしいですし、安心しました」。積極的に攻めた結果、柔道人生初となる個人戦全国制覇を成し遂げ、胸を張った。

 高校1、2年の頃は「自分のことで精いっぱい。周りが見えなくて自分勝手だった」という。しかし、主将を任されたことでメンタル面も成長。「落ち込むと一人で落ちていった。でも、キャプテンだとそれではダメ」と気持ちの切り替えを大事にした。

 練習が終わった後も、寮で懸垂を繰り返した。「みんなが休んでいるときでも自分はやっている、今日はダメでも明日は勝てる」と自らに言い聞かせ、必死に前を向いてきた。

 今後は更に上を目指していく。「強くていろんな方から応援される人になりたいです。柔道だけじゃなく人間としても。ジュニアからシニア、少しずつ上がっていって、ゆくゆくはオリンピックで金メダルを取りたいです」と力を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請