【巨人】坂本勇、有言実行の8回貴重適時打「3つ勝って優勝に近づきましょう」 

8回1死二塁、坂本勇が右前適時打を放つ
8回1死二塁、坂本勇が右前適時打を放つ

◆広島7―8巨人(12日・マツダスタジアム)

 勝利への執念が打球に乗り移った。貴重な追加点をもたらすと、坂本勇は何度も手を叩き、三塁ベンチに向けて右手を突き上げた。2点リードの8回1死二塁。1ストライクから一岡の内角直球を捉え、右前に打球を運んだ。「コンパクトに振ることが出来た。ランナーをかえすことが出来てよかったです」。鬼門を打破する一打となった。

 相手に傾きかけた流れを引き戻したのも勇人だった。最大5点リードから1点差に迫られていた6回1死一、三塁では初球で中犠飛を決めた。「向こうが粘り強くきていたので、こっちも粘り強くと思っていた」。中押し、ダメ押しとなる2打点が、チームに大きな勇気を与えた。

 7日の中日戦(ナゴヤD)から試合前恒例の円陣の声出しを務める。連勝中は変更しないため、勝負の3連戦の初戦も勇人が輪の中心に立った。そこでは「この3つ勝って優勝に近づきましょう!」と鼓舞。チーム一丸で大事な1勝を手にした。

 試合前練習中には母校・八戸学院光星高が6点リードを逆転されてから再逆転で勝利したことに笑顔を見せていたが、自身も大事な戦いで圧倒的な勝負強さを発揮した。「今日勝てたので明日も勝てるようにチーム一丸で頑張ります」。一時は6カード連続勝ち越しなしと苦しんだが、これで5連勝で2位・DeNAに3ゲーム差をつけた。息を吹き返したチームの中心には、頼りになる背番号6がいる。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請