【湘南】曹監督パワハラ疑惑、3選手とスタッフ2人が退団していた

11日の磐田戦で指揮を執った湘南・曹貴裁監督
11日の磐田戦で指揮を執った湘南・曹貴裁監督

 J1湘南で、2018年2月~19年7月まで、少なくとも3人の選手と2人のスタッフが曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)からの暴言などによる精神的苦痛とみられる症状でチームを退団していたことが12日、複数の関係者への取材で分かった。Jリーグは同監督が所属選手やスタッフに対してパワーハラスメント(パワハラ)を行っていた疑いがあるとして、今月中にもクラブや本人へヒアリングなどによる調査を行うことを決めており、クラブ側は第三者委員会を設置する方針だ。

 曹監督の言動による精神的苦痛から、少なくとも3人の選手と2人のスタッフがチームを去っていたことが判明した。

 複数の関係者によると、3選手はいずれも昨季限りで退団。精神的に追いつめられ、それぞれ別の時期に1~2か月間、練習場に通うことができなくなり、通院して治療を受けた。同監督の高圧的な態度や罵倒行為が原因だったとされる。スタッフ2人も同監督から「どれだけ無能なんだ」などといった人格否定の言葉を受け、メンタル面の異常を訴えてシーズン中にチームを離れた。指揮官が視界に入るだけで吐き気を催したり、過度なプレッシャーから公式戦の試合前に嘔吐(おうと)してしまう選手もいたという。

 昨オフに16人もの選手が一斉に退団したが、中には指揮官の指導方法に疑問を感じたことが理由の選手も多くいたという。他クラブに移籍した選手の1人は、スポーツ報知の取材に「ベルマーレのことが好きでも、監督の言動に耐えられず、チームを去らなければいけない選手はたくさんいる。仲間が罵倒されているのを見て心が痛まない選手なんていない」と証言した。

 クラブの広報責任者は11日、「(パワハラにあたる事案は)全くありませんし、クラブ内でも問題にしていることはありません」などと否定。湘南はこの日、練習はオフで、ホームページで事実関係を調査する意向を示したが取材には応じなかった。クラブ側は監督の言動を「指導・教育の範囲内」としている。

 Jリーグは被害者や目撃者、関係者らから匿名で報告を受けており、月内にもクラブや本人から事情を聞く方針を固めている。関係者によると、11日の磐田戦終了後にクラブ幹部が遠征に帯同した選手に対し、Jリーグからヒアリング調査が行われることを説明。クラブとしては、当事者以外の有識者を集めた第三者委員会を設け、対応にあたる意向を説明したという。

 チームは13日からJ1第23節鳥栖戦(17日・BMWス)に向けて再始動する。当初公開予定だった練習は非公開に変更となった。

 ◆田嶋会長見守る

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(61)が12日、Jリーグが調査に乗り出す湘南の曹貴裁監督のパワハラ疑惑について「具体的なことは何も聞いていない。情報も入っていないので、話せることはない」と話すにとどめた。都内で行われたイベントに出席後、取材に応じた。「しっかりと結果を聞いてから対応したい」と推移を見守る考えだ。

 ◆ライザップ調査に協力

 親会社のライザップグループは12日、パワハラ行為の疑いについて公式サイトに声明文を発表。一部報道は否定したが、Jリーグの調査に協力する姿勢を示した。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請