馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

【クラスターC】ヤマニンアンプリメ重賞連勝 岩田康「菜七子ちゃんが勝つ予定だったんですけど、すいません」

1着ヤマニンアンプリメ(中)2着ヒロシゲゴールド(右)3着コパノキッキング(左、カメラ・池内 雅彦)
1着ヤマニンアンプリメ(中)2着ヒロシゲゴールド(右)3着コパノキッキング(左、カメラ・池内 雅彦)

◆第24回クラスターC・交流G3(8月12日、盛岡競馬場・ダート1200メートル、良)

 JRA勢5頭を含む14頭によって行われた交流G3は、岩田康誠騎手が騎乗した2番人気のヤマニンアンプリメ(牝5歳、栗東・長谷川浩大厩舎)が優勝。前走の北海道スプリントCに続く重賞連勝を果たした。勝ち時計は1分9秒1。

1馬身差の2着には逃げ粘ったヒロシゲゴールド(武豊騎手)が入った。

 好スタートから2番手を追走した1番人気のコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山明厩舎)は3着に終わり、藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本康広厩舎=の重賞初制覇はまたもお預けとなった。

 岩田康誠騎手(ヤマニンアンプリメ=1着)「菜七子ちゃんが勝つ予定だったんですけど、すいません、(自分が勝って)邪魔してしまって申し訳なかったです。レースはいつもの(控える)形だったんですけど、きょうは長距離輸送があってイレ込んでいて、ゲート裏も不安だったんですけど、うまいこと展開もはまってくれたと思います。一走一走力をつけてきて、走り方も本当にパワーをつけているな、という印象ですね。これから、もっと大きいレースにチャレンジしていける馬だと思います。きょうは(菜七子のコパノキッキングに勝って)すいませんでした」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請