【楽天】渡辺佳のV打で3位タイ浮上

6回2死二塁、中前に勝ち越しの適時打を放つ渡辺佳
6回2死二塁、中前に勝ち越しの適時打を放つ渡辺佳

◆楽天8―2オリックス(11日・楽天生命パーク)

 またまた打った。追いつかれた直後の6回2死二塁。ドラ6ルーキー・渡辺佳は、4球続いた外角のスライダーに食らいつき、中前に勝ち越し適時打。「真っすぐが来たらしょうがないと思って、割り切っていきました」。和田の左前安打で二塁走者のウィーラーが本塁で憤死した直後だっただけに貴重な一打となった。

 4回にも2死満塁から左前適時打。得点圏では29打数16安打で打率は5割5分2厘に跳ね上がった。一方、得点圏に走者を置かないケースでは、この日も2度凡退で打率1割4分8厘。まったく別人のような成績だ。異常ともいえる勝負強さについて「バットに当てることは意識してます」。得点圏に走者を置かないと23三振を喫しているが、得点圏ではわずか1三振だ。

 「毎日、何か爪痕を残そうと必死にやってます。いつ2軍に落とされるか分からない立場ですから」。危機感と背中合わせの勝負度胸で、チームを3位タイに浮上させた。(片岡 泰彦)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請