樋口新葉はジャンプでミス 咳と鼻水止まらず「息ができなくてつらかった」

SPを演じる樋口新葉
SPを演じる樋口新葉

◆フィギュアスケート げんさんサマーカップ 第2日(11日、滋賀県立アイスアリーナ)

 女子SPが行われ、18年世界選手権銀メダルの樋口新葉(18)=明大=は3回転ルッツ、3回転フリップとジャンプのミスが続き48・92点。飯塚杯から2週連続の試合を「先週とあまり変わらない感じ。ミスをしないようにしていたけど、ジャンプ自体に力が入ってしまっている。そこを直していきたい」と振り返った。

 一昨日に体調を崩し、咳と鼻水が止まらず「今日は滑りきれるか不安だった。滑っていて息ができなくてつらかった」。アップテンポな「バード・セット・フリー」を最後まで演じ上げることに必死だった。

 12日のフリーへ「トリプルアクセルは明日はチャレンジしません。ステップを一番練習してきたので、レベルを落とさないようにしたい」と意気込みを語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請