リーチ・マイケルの母イヴァさん「さすが私の息子。私は世界一のママ」

観戦に訪れたリーチの母イヴァさん
観戦に訪れたリーチの母イヴァさん

◆ラグビー パシフィックネーションズ杯 最終戦(10日)▽日本34―20米国(10日・フィジー・スバ、ANZスタジアム)

 【スバ(フィジー)10日=大和田佳世】日本代表が米国代表を34―20で下し、3戦全勝で、2011、14年以来3度目の優勝を飾った。フランカーのリーチ・マイケル主将(30)=東芝=は両親らが見守る前で2トライの活躍。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(49)不在の1週間で準備した成果を出し、前哨戦を白星締め。目指すW杯8強入りへ、弾みをつけた。12日に帰国し、18日から北海道網走市で合宿に入り、9月20日開幕のW杯本番に備える。

 リーチの母イヴァさんは、リーチのポスターが貼られたバスで来場。「マイケルがチャーターしてくれた。さすが私の息子。私は世界一のママ」と誇った。親戚は日本代表のユニホームを着用。「姉妹が4人、兄弟が4人。その子供にいとこに…親戚は200人くらいかしら」と笑った。

 自身が勧めたラグビーで、15歳から日本に住み代表主将になるとは想像していなかっただろう。フィジーのタブア村で生まれ、現在はNZに住む。「常に日本代表を応援している。この前のフィジー戦もテレビで見た」。初対面だった報道陣には試合前、ビールを手に「フィジーのビール、おいしいのよ。もう飲んだ? 飲まない?」と誘った。親しみやすい人柄は親子共通だった。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請