34歳の鶴竜、誓った「2桁優勝」

34歳の誕生日を迎え、お祝いを受ける鶴竜
34歳の誕生日を迎え、お祝いを受ける鶴竜

 大相撲の夏巡業が10日、福島市で行われ、この日34歳の誕生日を迎えた横綱・鶴竜(井筒)が新たな1年へ決意を示した。名古屋場所で6度目の優勝を果たし「2ケタ優勝(回数)に向けてのスタート、一歩踏み出せたんじゃないかな」。34歳の目標は「『今を生きる』じゃないけど、そこに集中していきたい。土俵に上がり続ければ結果がついてくる」とした。

 横綱・白鵬(宮城野)とも同年齢になった。朝の稽古では幕内・大栄翔(追手風)に胸を出すなど、若手に稽古をつける機会も多いが「後を育てるのが大事」と、横綱としての責任感も口にした。また、右膝のけがなどで巡業を休場していた大関・栃ノ心(春日野)が、11日にも合流することが分かった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請