大坂なおみ、セリーナにストレート負けも世界1位復帰「とてもうれしい」

セリーナにストレート負けも世界ランク1位復帰が決まった大坂(ロイター)
セリーナにストレート負けも世界ランク1位復帰が決まった大坂(ロイター)

 テニスのロジャーズ・カップは9日、トロントなどで行われ女子シングルス準々決勝が行われ第2シードの大坂なおみ(21)=日清食品=は、昨年の全米オープン決勝以来の対決となったセリーナ・ウィリアムズ(37)=米国=に3―6、4―6のストレート負けを喫した。

 女子ツアーを統括するWTAによると、8月12日に発表される世界ランクで大坂の1位復帰が決定。現在世界ランク1位のアシュリー・バーティ(23)=オーストラリア=が今大会で初戦敗退し、同3位のカロリナ・プリスコバ(27)=チェコ=も準々決勝で敗れたため。大坂は6月24日付の世界ランクで約5か月間、キープしてきた世界1位の座をバーティに明け渡していた。

 試合後、ツイッターを更新した大坂は「数日間で多くのことを学びました。1位に戻り、そして試合中でも笑顔になれた。正直、とてもうれしい」と充実感をつづった。連覇を狙う全米オープンは8月26日に開幕する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請