センバツ準V習志野が延長10回逆転勝ち! エース飯塚が圧巻6連続K救援 沖縄尚学は金星逃す

10回1死二塁、習志野・和田泰征(右)が沖縄尚学・永山蒼から勝ち越しとなる中越え適時二塁打を放つ
10回1死二塁、習志野・和田泰征(右)が沖縄尚学・永山蒼から勝ち越しとなる中越え適時二塁打を放つ

◆第101回全国高校野球選手権大会第4日 ▽1回戦 習志野5―4沖縄尚学(9日・甲子園)

 センバツ準Vの習志野(千葉)が沖縄尚学との大接戦を制し、44年ぶり全国制覇へ一歩近づいた。2点をリードした4回に沖縄尚学に逆転を許したものの、直後の5回に同点とした。6回には1死満塁のピンチでスリーバントスクイズを決められ勝ち越されたが、土壇場の9回、1死一、三塁から角田勇斗遊撃手(2年)が同点の左前打。延長10回に1点を勝ち越した。

 6回途中からリリーフしたエース右腕・飯塚脩人投手(3年)は圧巻の6者連続三振を奪うなど、8回からは3イニング完全となる無失点リリーフで逃げ切った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×