霞ケ浦のプロ注目右腕・鈴木寛人は3回途中7失点…Cスカウト「上位候補の評価は変わらない」

3回途中で降板する霞ケ浦・鈴木寛人(カメラ・石田 順平)
3回途中で降板する霞ケ浦・鈴木寛人(カメラ・石田 順平)

◆第101回全国高校野球選手権大会第2日 ▽1回戦 履正社11―6霞ケ浦(7日・甲子園)

 霞ケ浦のプロ注目右腕・鈴木寛人は3回途中7失点で降板。「自分がこのチームを勝たせられなかった」と涙を拭った。対戦したいと話していた履正社・井上には自己最速タイの148キロを出し、気持ちで向かったが一発を浴びた。「プロを目指したい。そういう舞台でリベンジできれば」と鈴木。広島・苑田スカウト統括部長は「打たれたけど、上位候補の評価は変わらない」とコメントした。

 霞ケ浦・高橋祐二監督「相手の打者の飛距離が抜群だった。連打で追い上げたけど、追いつききれなかった」

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請