【広島】ジョンソン久々失点で判定や無援に恨み節「もっと点を取らないと!」

5回3失点で7敗目を喫した広島・ジョンソン
5回3失点で7敗目を喫した広島・ジョンソン

◆広島0―4DeNA(7日・マツダスタジアム)

 広島先発のクリス・ジョンソン投手(34)が5回3失点で7敗目(8勝)を喫した。

 両軍無得点の3回2死無走者、宮崎に中前打を浴びると、続くソトに右中間への29号2ランを献上。この決勝弾で連続イニング無失点は「19」でストップした。前回の失点は7月17日のDeNA戦(横浜)の4回。ロペスに2ランを浴びていた。

 試合後も納得がいかない様子の助っ人左腕に聞いた。

 ―状態は。

 「別に悪くなかった」

 ―DeNA打線に嫌らしさを感じたか。

 「粘られた。ソトの本塁打は投げミスだと思う。風にも乗ったと思うが…」

 ―20イニングぶりの失点。

 「そうだね…」

 ―巨人、DeNAと首位争い。

 「この2か月間は重要になる。相手投手はボールをストライクと言われ、こっちはストライクをボールと判定された。いろいろ絡んでタフな試合が続くが、とにかく野球は点を取らないと勝てない。もっと点を取らないと!」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請