男性棋戦と女流棋戦の両立が可能に 日本将棋連盟が女流・女性奨励会員のついての新規定を発表

里見香奈女流名人
里見香奈女流名人

 日本将棋連盟は7日、女流棋士と女性奨励会員の棋戦参加についての新規定を発表した。

 女流棋士が棋士編入試験に合格した場合、公式戦(いわゆる男性棋戦)と女流公式戦の両方に参加することが可能となる。また、女性奨励会員が四段(棋士)に昇段した場合、同時に女流棋士申請をすることが可能になることが新たに決められた。

 女流棋界では現在、第一人者である里見香奈女流名人(27)=女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花=の棋士編入試験受験資格獲得が目前に迫っており、奨励会在籍中の西山朋佳三段(24)=女王=が三段リーグに参戦中。いずれかが規定を満たした場合の対応について、明確な基準設定が求められていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請