鳴海唯、朝ドラ「なつぞら」の柴田家次女役に抜てきで「夢なのかと…」

NHK連続テレビ小説「なつぞら」(広瀬すず主演、月〜土曜・前8時)で柴田家の次女・明美役に抜てきされた鳴海唯。5日放送の第109話に登場
NHK連続テレビ小説「なつぞら」(広瀬すず主演、月〜土曜・前8時)で柴田家の次女・明美役に抜てきされた鳴海唯。5日放送の第109話に登場
NHK連続テレビ小説「なつぞら」(広瀬すず主演、月〜土曜・前8時)で柴田家の次女・明美役に抜てきされた鳴海唯(左)。5日放送の第109話に登場
NHK連続テレビ小説「なつぞら」(広瀬すず主演、月〜土曜・前8時)で柴田家の次女・明美役に抜てきされた鳴海唯(左)。5日放送の第109話に登場

 女優の鳴海唯(21)が、NHK連続テレビ小説「なつぞら」(広瀬すず主演、月~土曜・前8時)で柴田家の次女・明美役に抜てきされた。5日放送の第109話に登場。幼少期は子役の吉田萌果、その後は平尾菜々花(13)が演じてきたが、2人のバトンを受け、この日から成人した明美を演じる。

 鳴海はスポーツ報知のインタビューに応じ、「女優をやっていく中で、朝ドラ出演は大きな目標でした。信じられなくて、夢なのかと思いました。うれしさで頭がいっぱいでした」と声を弾ませた。昨冬に「人生で初めてのオーディションだった」という長女・夕見子役のオーディションに落選。悔しさをバネに、明美役のオーディションに再挑戦し、朝ドラ初出演をつかみ取った。

 小学生の頃、ドラマ「のだめカンタービレ」(06年)の上野樹里(33)の演技に魅了され、女優の仕事に憧れを抱いた。演技論を学ぶため、関西の大学に進学したが、漠然と時間だけが過ぎていた。

 転機になったのは2017年、大学1年生の時。偶然にも、広瀬主演の映画「ちはやふる ―結び―」(18年)のエキストラに応募し、当選したことから。現場で初めて見る同世代の役者たちの演技に、衝撃を受けた。「自分は何をしているんだろう…って。すごく焦りましたね。『役者になりたい』とフワッとしたものが、その瞬間から『役者になる』に変わった。すぐに所属事務所の養成所のオーディションに応募し、合格後からお芝居を猛勉強しました」。通っていた大学もやめ、退路を断って上京した。

 撮影は5月からスタート。「全てが初めてで、緊張だらけ。お芝居が始まるまで心臓がバクバクだった」と笑うが、クランクイン時の記憶は鮮明だ。「皆さん、柴田家の空気を一瞬で作られる。緊張していた私を、柴田明美として迎え入れてくれる環境を整えてくれた。おかげで、自然にそこに入ることができました」

 オンエアを見て、平尾の演じた明美の口調、クセなどを研究。「役を引き継ぐのは初めての経験だったので、(視聴者に)違和感を持たれないか、すごく不安だった。明美の雰囲気をつかんだ上で、自分なりにアプローチしました。私は関西人で話すスピードが早いので、その部分は特に意識しました」。うれしい出来事があった。母親役の松嶋菜々子から「しゃべり方が(平尾の演じた明美と)すごく似ている。本当に、明美ちゃんそのものだよね」と声を掛けられたという。「お母さん(役の松嶋さん)に言っていただき、感無量でした。うれしかったですね」。翌日からの撮影には、より熱がこもった。

 同い年の広瀬とも、スタジオの前室で話をする機会があった。「高校生の頃に握手会に行ったことがあったので、一方的ですけど、私がお目に掛かるは3度目…。一方的ですけど」と照れ笑い。誕生日当日の5月16日には撮影後、サプライズで祝福された。「柴田家の皆さんと、撮影していたメンバーと写真を撮ったんですが、なぜか私は真ん中で…。本当にすいませんという気持ちと、幸せな気持ちで夢見心地でした」

 演技ができる環境にいられることが、うれしくてたまらない。がむしゃらに毎日を過ごす鳴海。「いつかは朝ドラのヒロインに―、それが夢です。また違った形で、朝ドラに戻って来られたら最高ですね」

 ◆鳴海 唯(なるみ・ゆい)1998年5月16日、兵庫県出身。21歳。18年8月、ラックライフ「走って」のミュージックビデオに出演。同10月、東京都商店街復興企画「シブいビルのナウい商店街」のモデル。銀座カラーのCM、TEPCO速報、森永ピノのウェブCMに出演。好きな食べ物はトンカツ。特技はバレーボール、モノマネ。趣味は身長156センチ。

 ◆第109話あらすじ なつ(広瀬)は、坂場(中川大志)との結婚報告のため、十勝に戻ってきた。結婚を喜ぶ富士子(松嶋菜々子)たちだが、坂場が失業中と聞き、泰樹(草刈正雄)は面白くない。その頃、夕見子(福地桃子)らが勤める農協では大手メーカーに対抗するため、工場を新設し、乳業会社を作ろうという壮大なプランが動き始めていた―。

NHK連続テレビ小説「なつぞら」(広瀬すず主演、月〜土曜・前8時)で柴田家の次女・明美役に抜てきされた鳴海唯。5日放送の第109話に登場
NHK連続テレビ小説「なつぞら」(広瀬すず主演、月〜土曜・前8時)で柴田家の次女・明美役に抜てきされた鳴海唯(左)。5日放送の第109話に登場
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請