高岡商4番・堀、プロ実現弾だ「調子はまだまだ」

順調な仕上がりを見せる高岡商の4番・堀(カメラ・中田 康博)
順調な仕上がりを見せる高岡商の4番・堀(カメラ・中田 康博)

 第101回全国高校野球選手権があす6日、甲子園で開幕する。島根代表・石見智翠館と第3試合で対戦する富山代表・高岡商は、プロ期待のスラッガー、堀裕貴右翼手(3年)が好調を維持。甲子園初アーチを放って、初戦突破と念願のプロ入りを引き寄せる。7日に旭川大高(北北海道)と対戦する星稜は、奈良・生駒市内で2時間の練習。シート打撃で、チームの本塁打王争いを繰り広げる福本陽生一塁手(3年)と内山壮真遊撃手(2年)がともに本塁打を放ち、好調をアピールした。

 令和初の甲子園1号ホームランを打つべく、快音を連発したのが、高岡商の4番・堀だ。4日は関西創価高グラウンドでフリー打撃を行い、木製バットで高さ約6メートルの左翼フェンス中段を直撃。堀は「調子はまだまだですが、ボールを呼び込み、体重を逃さずに打てました」と好感触。石見智翠館の投手陣を想定し、左右両腕の投手を精力的に打ち込んだ。

 大きな決意を秘めて、甲子園に挑んでいる。富山大会前には、プロ入りを決意し、秋に志望届を出すことを決めた。「プロ選手になることは小さい頃からの夢。チャンスのある時に挑戦したい」。大学進学や社会人の道も考えず、プロ一本に絞っている。高校通算23本塁打の強打に加え、最速141キロの投手としても活躍し、複数のプロ球団が関心を寄せる。あるスカウトは「あの勝負強さは、練習して身につくものではない。突出した能力は、プロで生きていくには大事。甲子園で活躍すれば評価は上がる」と期待を込める。

 兄の圭吾さん(20)も後押しする。富山第一在学時に腰を故障し、甲子園出場を果たせなかった苦い経験を持つ。「野球が出来ることは幸せ。兄には『思い切りやれ』と言われた」。プロ入りを意識し、今春からは週2回、富山市内のトレーニングジムに通い始めた。野球部の練習後、午後8時頃からジムで専門トレーナーの指導を受けながら、関節の可動域を広げ、体幹を強化してきた。

 富山大会での長打率は、驚異の7割1分4厘をマーク。「チームを勢いづけたい。ヒットの延長線上でホームランが出ればいい」と堀。聖地での特大アーチで、悲願の日本一とプロ入りを実現する。(中田 康博)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請