【楽天】寺岡、プロ初登板3失点「この経験を次につなげていきたい」

7回から2番手で登板した楽天・寺岡
7回から2番手で登板した楽天・寺岡

◆楽天2―11ロッテ(4日・楽天生命パーク)

 楽天はロッテに2―11で敗れた。先月下旬に支配下登録されたばかりの寺岡寛治投手(26)がプロ初登板。7回、2番手としてマウンドに上がると、8回までは無失点に抑えたが、9回に清田に左中間への7号3ランを被弾するなど5連打を浴び3失点。3回を投げ3失点とほろ苦デビューとなった。

 笑みはなかった。寺岡の記念すべきプロデビュー戦は、3回を投げ6安打3失点。9回、代打・清田に3ランを被弾するなど5連打を浴びた2年目の右腕は「最初から飛ばしすぎた。最後はバテてしまった」と淡々と語った。

 高校2年の時に右肘を故障し、九州共立大の4年間は野手として過ごした。再び投手に転向したのは九州三菱自動車1年目の夏。BC石川時代の16年から投手に専念し、プロへの道を切り開いた。17年ドラフト7位で楽天に入団。だが、新人だった18年は1軍で登板できずシーズン終了後に戦力外通告。育成選手として再契約した。

 わずかな工夫で道を切り開いた。昨季までは踏み込む左足をベルトの高さまで上げていたが「ほとんど上げないように」フォームを修正した。「足を上げないことでブレなくなった」。2軍では今季33試合に登板し2勝1敗、防御率0・64。7月下旬、再び支配下登録を勝ち取った。

 直球は最速で149キロをマーク。平石洋介監督(39)は「真っすぐに力があった。いいボールを投げていた」と一定の評価を与えた。寺岡は「第一歩を踏み出せたのはうれしい。この経験を次につなげていきたい」とさらなる成長を誓っていた。

(高橋 宏磁)

 ◆寺岡寛治(てらおか・かんじ)1992年12月3日、福岡県生まれ。26歳。中学時代から福岡粕屋ボーイズで野球を始める。東海大五高(現東海大福岡高)から九州共立大に進学。15、16年は九州三菱自動車、17年はBC石川でプレーした。180センチ、89キロ。右投右打。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請