【DeNA】冷蔵庫グーパンチのパットンが登録抹消…「本人は反省している」とラミレス監督

DeNA・パットン
DeNA・パットン

 DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)は4日、横浜での巨人戦前に報道陣の取材に応じ、スペンサー・パットン投手(31)を同日付で出場選手登録抹消とすることを明らかにした。

 パットンは3日の同カードで8回に登板したが、坂本勇に同点打を浴びるなど1死もとれずに降板。交代を告げられた後、自身の投球内容や審判の判定へのいらだちからか、ベンチ内の冷蔵庫を両手の拳で殴打。試合後は右手に包帯を巻いて帰宅していた。

 一夜明けたこの日、パットンと直接話し合ったラミレス監督によると、右手に腫れが残っている状態で投球は不可能と判断され、登録抹消が決まった。「本人からはチーム、球団に対して謝罪があった。非常に反省しているし、後悔もしている」と同監督。詳しいけがの内容については、週明けの5日以降に改めて病院で検査する予定。

 自身の不注意による負傷だけに、罰金など処分の対象となる案件。同監督は「処分は球団が検討すること」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請