萩野公介 200メートル自由形は予選落ち「全身パツンパツン」

男子200メートル自由形で予選落ちした萩野公介
男子200メートル自由形で予選落ちした萩野公介
男子200メートル自由形で予選落ちした萩野公介
男子200メートル自由形で予選落ちした萩野公介

◆競泳 W杯東京大会 最終日(4日、東京・辰巳国際水泳場)

  長期休養から今大会で実戦に復帰したリオ五輪400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(24)=ブリヂストン=が200メートル自由形予選に出場し、1分50秒43(自己ベスト1分45秒23)の全体19位で決勝進出を逃した。

 復帰戦となった前日の200メートル個人メドレーでは2分00秒03で3位に入ったが、約半年ぶりのレースで「全身パツンパツン」と苦笑い。「まだ200メートル続けていいフォームで泳ぐことはできていないし、技術的な課題はある。難しい部分も多かったが、まずはこの環境で泳げたことを幸せに思う」と振り返った。

 次戦は9月の茨城国体に出場。200メートル個人メドレー、100メートル背泳ぎなどにエントリーする方向だ。

男子200メートル自由形で予選落ちした萩野公介
男子200メートル自由形で予選落ちした萩野公介
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請