【横浜M】本拠地負けなし、11試合目で止まる

スポーツ報知
清水に敗れ落胆する横浜Mイレブン(カメラ・宮崎 亮太)

◆明治安田生命J1リーグ第21節  横浜M0ー1清水(3日・日産ス)

 横浜Mは清水に0―1で今季4度目の完封負け。前節の神戸戦で左足を骨折したFWエジガルジュニオと、出場停止のDFチアゴマルチンスと攻守の軸を欠き、ホーム11試合目で今季初黒星を喫した。

 エジガルジュニオの代わりにFW大津を最前線に配置するなどしたが、不発に終わったアンジェ・ポステコグルー監督(53)は「選手たちは全てを出し切ったが、自分たちの日ではなかった」と肩を落とした。4日は、クラブに16年間在籍し、2011年に急性心筋梗塞で亡くなった元日本代表DF松田直樹さん(享年34)の命日。応援席には「ミスターマリノス 松田直樹 これまでもこれからも共に」の横断幕が揺れ続けたが、勝利の報告はできなかった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請