北勝富士、地元所沢巡業「活力になる」

自身の等身大パネルと並ぶ北勝富士
自身の等身大パネルと並ぶ北勝富士

 大相撲の夏巡業が3日、埼玉・所沢市で行われ、同市出身の幕内・北勝富士(27)=八角=が地元のファンに雄姿を届けた。朝の稽古では同じく埼玉出身の小結・阿炎(錣山)や幕内・大栄翔(追手風)らと申し合い稽古を8番。最後は横綱・鶴竜(井筒)にぶつかり稽古で約5分間胸を借り「毎年所沢で(巡業を)やっていただいて活力になる」と汗をぬぐった。

 1日から富山、長野での巡業が続き、朝乃山(高砂)、御嶽海(出羽海)ら同世代のご当地力士が盛り上げた。両力士とも優勝を経験しているが、自身はまだ賜杯を抱いたことがない。悔しい思いを胸に「御嶽海関は追いかける存在。自分は大器晩成型なので、来年あたりにいい花を咲かせたい」と活躍を誓った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請