【阪神】近本 11試合ぶりの一発は8号勝ち越しソロ「思い切って打ちにいった結果」

スポーツ報知
3回無死、近本光司が勝ち越しの右越えソロ本塁打を放つ(カメラ・岩下 翔太)

◆広島―阪神(3日・マツダ)

 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)が、3回に勝ち越しの8号ソロを放った。

 1―1の3回先頭。2ボールからの3球目、床田の141キロ内角直球を右翼ポール際の中段まで運んだ。

 7月21日のヤクルト戦(甲子園)以来11試合ぶりの一発に「先頭バッターだったので、塁に出ることを意識していました。バッティングカウントなったので、思い切って打ちにいった結果がホームランとなってくれて良かったです」と喜んだ。

 これで6試合連続ヒットとドラ1が再び調子を上げてきた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×