ボートレース蒲郡【レディースチャンピオンまであと5日】小野が初日1号艇から2度目のVを目指す

ドリーム戦の1号艇に入った小野。2度目の大会制覇へ好発進を狙う
ドリーム戦の1号艇に入った小野。2度目の大会制覇へ好発進を狙う

■DR戦出場選手 

 初日の第12Rで行われるドリーム戦には、選考期間(18年6月1日から19年5月31日)の勝率上位6人が出場する。

 1号艇・小野生奈(今年3V)。昨年は6度のSG競走を走り、女子獲得賞金額1位で初の優秀女子選手に輝いた。今年5月地元・福岡SGオールスターではドリーム戦にも出場した(5着)。前回大会は準優3着で惜しくも優出を逃したが、17年芦屋大会以来、2度目のVを目指す。

 2号艇・寺田千恵(今年3V)。今年は3月地元の児島G2レディースオールスターを制覇。6月津一般戦でのFは痛いが、昨年大会は準優勝。的確なさばきで大会3度目の優勝を狙う。

 3号艇・遠藤エミ(今年2V)。5月福岡オールスターでは1着1回、3着2回と女子トップレベルの攻撃力を発揮した。17年大村G1クイーンズクライマックスを制しているが、夏の女王はまだ縁がない。

 4号艇・長嶋万記(今年優勝なし)。今年は3度のSGに出場。6月多摩川グランドチャンピオン5日目は連勝を飾った。当地は直前の7月に5勝を含むオール3連対で優出(優勝戦は転覆)している。悲願のタイトル奪取に燃える。

 5号艇・中谷朋子(今年優勝なし)。昨年ほどの勢いがなく、前期まさかのF2と調子を崩した。スタート次第となるが、リズムの立て直しが急務だ。

 6号艇・田口節子(今年3V)。3月レディースオールスター準Vからリズムアップ。近況は堅実な走りを見せている。昨年大会は優出5着。第24、25回大会連覇以来の3度目の戴冠を目指す。(平田 裕二)

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請