馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 小倉 札幌

注目の動向(栗東)

 こんにちは、山本です。今日はやって来ました、小倉です。想像通り、「暑さ」を通り越して、「熱さ」を感じる競馬場からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、夏場の出張は当然、ホテル暮らし。ワタクシは同じ場所に引き続き、泊まるっていうのはどうにも苦手で、同じ場所に〇週連続の出張でも、宿は変えるタイプ。あまりこだわりがない人間でして、色々な種類の宿を味わいたいという気持ちもあるんですよね。ということで、常宿はありません。

 で、今回のホテル。最近はカードキーを入り口付近のソケットに差し込むと、部屋の電気の電源が入るという部屋が多かったのですが、今回は久々に普通に差し込まなくても、電源の入る部屋。これがマズかった。昨夜、飲み物を飲もうと自動販売機まで買いに行く時、カギを持ち出さずにフロントの助けを借りることに。今朝は出発しようとエレベーターに乗った直後、カードキーを部屋に置いてきたことに気づき、フロントさんに「申し訳ございません」と平謝り。カギを抜いて部屋を出るという行動が勝手に「癖」として、染みついていたんだなと実感させられました。人間の習性って怖い。けど、自分の健忘症とも思える、忘れっぷりはもっと怖いですが…。

 ということで、そろそろ本題へ。まずは一つ、お詫びから。2日前の更新「まさか」にて、ラヴズオンリーユーの全妹、【ラヴユーライヴ(牝、父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー)】について後肢の「飛節」を骨折と書きましたが、正しくは「球節」でした。センセイ、ご本人から指摘があった次第で、非常に申し訳ありません。

 では、今日は明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 小倉5Rで行われる芝1800メートルの新馬。一昨日の更新でも書いたように【アルジャンナ(牡、父ディープインパクト、母コンドコマンド)】という「核」が抜け、一気に混戦ムードが高まってきました。と、明日の馬たちに触れる前に、アルジャンナの続報です。今日の小倉競馬場で池江調教師とお会いしまして、今後の予定を聞きました。結論から書きますと、昨日、一度放牧に出されたようです。仕切り直しの一戦は秋になります。阪神開幕週の9月8日、芝2000メートルを目標にしていくとのことです。鞍上は今週出走の場合も騎乗予定だった川田Jです。注目の初陣は秋まで持ち越しになりましたが、いずれにせよ、今後も目が離せない存在でしょう。

 話を小倉5Rに戻しましょう。抽選をくぐり抜けてきた中でもディープインパクト産駒は3頭いますからね。宮本厩舎の【サンデーミラージュ(牡、父ディープインパクト、母ミセスリンゼイ)】は先週までにたっぷり触れたので、今日は西村厩舎の【シリアスフール(牡、父ディープインパクト、母シリアスアティチュード)】ですね。こちらは重賞2勝を挙げるスティッフェリオの全弟になります。「トモに緩さはありますが、背中はいい馬ですよ。条件も悪くないし、コースより芝の実戦の方が動けるんじゃないかと思っています」と余田助手。この血統、ゆっくりのイメージがあったんですが、意外に早いデビューですよね。

 もう一頭が高野厩舎の【ロニセラ(牡、父ディープインパクト、母ラヴェリータ)】ですね。お母さんは交流重賞戦線で大活躍した牝馬です。現状は薄手でカイバ食いも細いようなんですが、「1本目から動けていたし、素質は秘めています」と高野調教師。さらに、「前向きさがあって、新馬向きかもしれません」と言葉を続けていました。こちらも血統的に要注目の一頭と言えます。

 話を新潟に移しましょう。5Rで面白そうな関西馬が2頭出走します。まずは音無厩舎の【ドゥーベ(牡、父ダイワメジャー、母トゥーピー)】です。このお母さん、サトノラーゼンやサトノクロニクルなど、いい子を出すんですよね。ゲート試験でかなり時間がかかり、一度放牧に出されたんですが、再入厩後は「いい感じになってきましたね」と担当の平井助手は笑顔を浮かべていました。確かに坂路でもよく動けていますし、実績ある母系であることも大きな強みですよね。

 ここには藤原英厩舎の【リリーピュアハート(牝、父ディープインパクト、母リリーオブザヴァレー)】も参戦。兄に青葉賞勝ちのヴァンキッシュランを持つ血統馬ですね。ここからは先週同様、当ブログOBとなるガッポ内尾先輩の情報提供です。いつも、すいませんね。「牡馬が相手でも通用すると思う。ひと追いごとに素軽さが出てきた。初戦からというよりは、先々まで楽しみ」と田代助手は話しているようです。芝コースではゆったりしたキャンターで、跳びがきれいとのこと。いかにもディープ産駒といった印象でしょうかね。実戦の走りが楽しみです。

 あと、ガッポ内尾記者からいただいた藤原英厩舎のお話を少々。先週の新馬で5着の【フォーテ(牡、父ロードカナロア)】は一度放牧へ。栗東にはグローリーヴェイズの全弟になる【ハナビマンカイ(牡、父ディープインパクト、母メジロツボネ)】は先月26日に栗東へ入り、ゲート試験合格を目指していくとのこと。あと、近親にウォーエンブレムの父Our Emblemを持つ【トルネードフラッグ(牡、父キングカメハメハ、母ハリケーンフラッグ)】も先月26日、栗東に入ってきたとのこと。あと、来週11日の新潟芝マイルを予定しているのが【ロードアルビオン(牡、父ロードカナロア、母キャサリンオブアラゴン)】。母系はラヴズオンリーユーやリアルスティールと同じですね。鞍上は戸崎J。長く、いい脚を使えるタイプのようですね。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

札幌6R・3メイショウメイリン(前走は勝負どころでゴチャついた。この距離で経験積み、再び減量起用で圏内へ)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

小倉8R・10テーオーパートナー(引き続きの騎乗になる岩田望Jは「前走でうまく乗れなかった。力はある馬です」と)

小倉10R・3メジェールスー(その岩田望Jの騎乗馬がもう一頭。今の小倉で先行力が生きるはず)

札幌11R・5アスタールビー(前回の時計、内容が非常に優秀。格上挑戦も、このハンデなら)

新潟11R・15ビルジキール(ビッシリと追う鞍上、外枠で上位争いに持ち込む)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請