元阪神の名二塁手・鎌田実氏が死去…遊撃手の吉田義男氏&三塁手の三宅秀史氏らと鉄壁の内野陣形成

阪神などでプレーした鎌田実さん
阪神などでプレーした鎌田実さん

 阪神の名二塁手で、遊撃手の吉田義男氏、三塁手の三宅秀史氏らと鉄壁の内野陣を形成した鎌田実氏が、1日に肺がんのため兵庫県内の病院で死去した。80歳だった。2日、阪神球団が発表した。通夜、告別式は親族のみで行われる。

 兵庫・淡路島出身で、洲本高から57年に阪神入団。元々は遊撃手だったが、3年目の59年から二塁を定位置にし、同年の巨人との天覧試合にも「2番・二塁」で出場。62年のリーグ優勝に大きく貢献し、63年の米タイガースとのフロリダキャンプで習得したバックトスを日本で広め「バックトスの名手」と称された。

 67年に近鉄移籍後、70年に阪神へ復帰し、71年は兼任コーチを務め、72年限りで現役を引退した。通算1482試合、打率2割3分4厘、24本塁打、264打点。引退後は阪神、近鉄のコーチを歴任。解説者や近鉄の総合アドバイザー、阪神大学野球連盟の神戸大学海事科学部(既に退会)の監督も務めた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請