佐藤健「スラりんとの別れが寂しい」…映画「ドラゴンクエスト―」初日舞台あいさつ

初日舞台あいさつを行った(左から)山田孝之、坂口健太郎、佐藤健、有村架純、井浦新
初日舞台あいさつを行った(左から)山田孝之、坂口健太郎、佐藤健、有村架純、井浦新

 俳優の佐藤健(30)が2日、東京・TOHOシネマズ日比谷で3DCGアニメ映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」(山崎貴総監督・脚本)の初日舞台あいさつを行った。

 国民的人気ゲームの映画化で、「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」(92年発売)が原案。約2年前に脚本と絵コンテしかできていなかった状態で音声収録が行われ、2年かけて3DCGアニメを完成させた。

 声優初挑戦で、主人公リュカの声を務めた佐藤は「この映画を早く届けたくて、今日という日を楽しみにしていました。宣伝の旅をしてきた(スライムの)スラりんとお別れかと思うと寂しいものがあります」と名残惜しそう。作品のファンも多く、自身もプレー経験があるだけに、さまざまな思いが去来した。現在の心境について「大切な人の誕生日に、精いっぱいの愛とサプライズを詰め込んだような。自分は好きだけど、相手は喜んでくれるかなという不安な気持ち」と表現。「僕は好きな作品です。喜んでくれたら幸いです」とヒットを願っていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請