【日本ハム】勝負所でバント2度失敗…わずか2安打で千賀に完封許す

5回無死一塁、送りバントを失敗する石井
5回無死一塁、送りバントを失敗する石井

◆日本ハム0―2ソフトバンク(2日・札幌ドーム)

 栗山監督の決断は、実らなかった。2点を追う8回無死一、二塁、2ストライク。ピンチバンターの杉谷が必死にバットに当てた打球は、無情にもファウルゾーンへと転がった。場内を大きなため息がつつみ、杉谷は天を仰いだ。必死につかみにいった1点が遠かった。

 千賀の前に三塁を踏めず、わずか2安打で今季6度目の完封負け。得点のチャンスはあったが、それを自らつぶしてしまった。先頭打者が出塁した場面は3度あったが、そのうち2度で送りバント失敗。小技を絡めながら得点機を生む、普段の戦いができなかった。5回無死一塁でバント失敗に終わった石井は「決めなきゃダメ」。杉谷も「投手がどうのこうのではなく、あそこで決めれなかった僕が悪い」と肩を落とした。指揮官は「悪いのは俺」とかばったが、首位攻防戦の独特の雰囲気が邪魔をしたのかもしれない。

 逆にソフトバンクには、チームとしての強さが見えた。走者を出したイニングは日本ハムより少ない5度だったが、8回無死一塁で甲斐が送りバントを決め、牧原が右前に適時打。少ない得点機を確実につかんだ。1点勝負の試合だからこそ、求められた役割をこなせるかどうかが勝敗を分けた。

 ゲーム差は2・5となり、今カード中の首位浮上は消滅。栗山監督は「あしたが最後の試合だと思ってやるしかない」と気合を入れ直した。直接対決はあと10試合。勝負どころでの集中力―。その差を埋められなければ、頂点は近づいてこない。(小島 和之)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請