美弥るりかインタビュー<1>ファンと一体で…初の単独ライブは手作りの2部構成

ポーズを取る元宝塚歌劇団月組男役スターの美弥るりか(カメラ・関口 俊明)
ポーズを取る元宝塚歌劇団月組男役スターの美弥るりか(カメラ・関口 俊明)
元宝塚歌劇団月組男役スターの美弥るりか(カメラ・関口 俊明)
元宝塚歌劇団月組男役スターの美弥るりか(カメラ・関口 俊明)
記者の質問に答える元宝塚歌劇団月組男役スターの美弥るりか(カメラ・関口 俊明)
記者の質問に答える元宝塚歌劇団月組男役スターの美弥るりか(カメラ・関口 俊明)

 この6月、17年間を過ごした宝塚歌劇団を卒業した元月組男役スター・美弥るりかが、今月18日に千葉・舞浜アンフィシアターで自身初のソロライブ「Rurika Miya 1st Live」を開催する。ステージ構成に美弥なりのこだわりが満載、とのこと。スポーツ報知では、きょうから3回に分けて退団後初となるロングインタビューをお届けする。宝塚時代の思い出やライブのこと、同期生への思い、そして、これからの夢を熱く語った。

 6月9日、東京宝塚劇場での月組公演「夢現無双―吉川英治原作『宮本武蔵』より/クルンテープ 天使の都」千秋楽をもって、宝塚生活に別れを告げた。最近、卒業と同時にSNSなどで自身の情報を発信するOGが多いが、しばらくの間、美弥は沈黙を貫いた。

 「青春時代から、人生が宝塚と共にありました。心も身体もすぐに切り替えられない。状況の変化がなかなか消化できない感じだった。退団後の1~2週間は体調を整えつつ、心の変化をゆっくり、かみ締めながら過ごしていた感じ。SNSをすぐに始められる方もいらっしゃいますが、ファンの皆さんは私と長い年月を過ごしてきたので、皆さんも心の切り替えが出来ていないかな、と。そんな状況で中途半端にSNSを始めたりすると失礼かな、と思ったんです」

 リフレッシュのための旅行などにも行かなかったそうだ。

 「実家でゆっくりすることもなく、宝塚に帰ったりもしましたが、舞浜でのライブが終わるまでは旅行もお預けかな、と思っています」

 7月に入ってからインスタグラムを開設。同時に、ソロライブ開催をファンに伝えた。

 「(退団から)1か月くらいを区切りにして、リスタートしようかな、と。今までは楽屋入りの時や舞台で毎日、ファンの皆さんに会えていたけど、これからはSNSの力も借りてつながっていきたい。そう思って始めました。ライブに関しては『(退団後)こんなにすぐに会える機会があるなんて』というファンの方の感想を聞きました。うれしかった。一度限りのステージ。宝塚の生徒ではなく、アーティスト=一人の表現者として何かをする、ということに対して、新鮮な気持ちがあります」

 約120分間のライブは2部構成になる。ここに、美弥のこだわりが詰まっている。

 「歌だけでなく、ファンミーティング的な要素も入れます。これまでの感謝の気持ちを伝えたいし、新しい美弥るりかも観て頂きたい。ファンと一緒に作るライブにしたくて、今回は歌う楽曲をリクエストで募集したんです。宝塚のファンの方は客席にきっちり座り、声も出せない。拍手も決まった時にしか出来ない。急に立ち上がってタオル振り回して…とか、すぐに出来ないと思うんですね。だったら、皆さんが私に歌って欲しいと思っている曲を歌ったり、思い出を語りながら進行していった方がいいかな、って。宝塚では歌っていなかったけど『あの役を美弥が演じていたら、歌って欲しかった』なんていう楽曲がたくさんあると思うんですよね」

 美弥がタカラジェンヌを目指すきっかけになった、涼風真世(元月組トップスター)が主演した「PUCK」の「LOVER’S GREEN」でもOK。宝塚では演じることのなかった「ベルサイユのばら」のオスカルでもOK…これはファンにとっては最高のプレゼントになるだろう。

 宝塚歌劇では基本、1組約70人のメンバーで舞台を作り上げていく。今回は美弥1人で120分のライブを紡ぐことになる。

 「宝塚では『次はこの役ですよ』と決められて、この歌を歌って、この振りで躍って…と、頂いたものを表現していく。『私はこうしたいんだ』という発信する機会が少ないんです。今回のステージは宝塚時代を振り返りつつ、一方では新しい美弥るりかが垣間見えるというか、リスタートを感じてもらいたくて、2部構成にしました」

 宝塚時代の思い出に浸りつつ、新たな美弥を発見できるライブになりそうだ。=つづく=

 ◆美弥 るりか(みや・るりか) 2001年4月、宝塚音楽学校入学。03年、月組公演「花の宝塚風土記/シニョール ドン・ファン」で初舞台。その後、星組に配属。10年に「ハプスブルクの宝剣―魂に宿る光」で新人公演主演。12年、月組に組替え。「ロミオとジュリエット」のマーキューシオ役、「ME AND MY GIRL」ではジャッキー(女役)を演じ、その後も「グランドホテル」でオットー・クリンゲライン、「エリザベート」でフランツ・ヨーゼフ役などを好演。人気、実力を兼ね備えた男役スターとして活躍し、今年6月、惜しまれつつ宝塚歌劇団を退団した。

ポーズを取る元宝塚歌劇団月組男役スターの美弥るりか(カメラ・関口 俊明)
元宝塚歌劇団月組男役スターの美弥るりか(カメラ・関口 俊明)
記者の質問に答える元宝塚歌劇団月組男役スターの美弥るりか(カメラ・関口 俊明)
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請