【巨人】菅野、抹消の山口のため「そういう時こそ自分の出番」…2日・DeNA戦に先発

デラロサ(97)とキャッチボールをした菅野
デラロサ(97)とキャッチボールをした菅野

 巨人が4カード連続の負け越しを喫した。1―1の7回、ミスが重なり広島の代打・磯村にバスターエンドランで勝ち越し打を許すなど、打者9人で4点を奪われた。先発・メルセデスはこの回途中、4失点で降板し6敗目。試合前には11勝を挙げているローテの柱、山口が右肘付近に異常を訴え戦線離脱。非常事態のなか、初戦にエース菅野智之投手(29)をたて2日から2位・DeNAと敵地で3連戦に臨む。

 菅野が1日、先発する2日のDeNA戦(横浜)に向け東京Dでダッシュなどを行い万全の準備を整えた。

 この日、山口が右肘周囲の筋肉の張りで登録抹消。菅野にかかる期待は大きい。「今年は俊さんが開幕からずっと頑張ってきてくれていますし、今の位置(首位)にいられるのはもちろんバッターの頑張り、全員の頑張りなんですけど、俊さんの活躍は間違いなく大きいと思います。そういう時こそ、自分の出番だと意気に感じて投げたいなと思います」と決意を示した。

 山口はチームで唯一、開幕から一度も先発ローテを外れずフル回転してきた。「監督もいつも言っている通り、ああいうタフなスタミナというか、タフな部分は野球選手として尊敬する部分でもありますし、技術面も見習うところはたくさんあります。みんなが刺激を受けていると思います」と菅野。2学年先輩の山口から吸収する部分が多く、互いに高め合ってきた。

 5カード連続勝ち越しと好調の2位・DeNAとの、敵地3連戦初戦。エースが強い気持ちで先陣を切る。

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請