朝乃山、地元・富山での巡業で白鵬から土まみれに「富山の人のために頑張ろうと」

朝稽古後、白鵬に水をつけに行く朝乃山(中央)
朝稽古後、白鵬に水をつけに行く朝乃山(中央)

 大相撲の夏巡業が1日、富山市で行われ、夏場所で初優勝を飾った同市出身の幕内・朝乃山(25)=高砂=が、集まったファン約5000人を湧かせた。優勝後、初めて地元で行われた巡業。「優勝おめでとうと言われるのが一番うれしかった。(ファンの)目の前で恩返しすることが一番大事だと思う」と、朝の稽古冒頭では20分以上、サインでファン対応した。

 朝稽古の締めは、横綱・白鵬(34)=宮城野=から指名されてのぶつかり稽古だった。横綱に土まみれにされながら歓声を背に5分間、胸を借りた。「富山の人のためにも、見てくれている人のためにも頑張ろうと思った」と、稽古中は苦悶(くもん)の表情だったが笑顔で振り返った。

 初の幕内上位で臨んだ名古屋場所は7勝8敗で負け越し。だが終盤の粘りで、上位に残ることが出来る勝ち星は積み重ねた。秋場所(9月8日初日・両国国技館)に向け「そんな簡単にできないと思うけど、まずは勝ち越し。謙虚に勝ち越しです。何も考えずに、自分の相撲を取るだけ」と、リベンジを誓った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請