【中日】木下拓が藤浪から左腕に死球 その後は大島の打球が当たってアウト

スポーツ報知
2回無死一塁で死球を受けた中日・木下拓(投手は藤浪)

◆阪神―中日(1日・甲子園)

 中日・木下拓哉捕手(27)にアクシデントが相次いだ。2回無死一塁の打席で、阪神・藤浪の146キロの内角球が左腕付近を直撃。一度は治療で三塁ベンチに下がった後、一塁ベースに向かった。

 その後に一塁走者として大島の一、二塁間へのゴロで全力疾走したが、左足付近に打球が当たり、走塁妨害でアウト。ゴロに触れていなくても、大島が二ゴロに倒れた可能性が高いが、珍プレーでチャンスが終わった。

 さらに4回1死一塁の打席でも抜けたスライダーが左腕付近を直撃する死球を受けた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請