東京五輪でまた会おう…世界水泳でアフリカの島国の3きょうだいと遭遇

カーボベルテ共和国代表の(左から)ジェイラ・ピナ、トロイ・ピナ、ラトローヤ・ピナ各選手(カメラ・竜田 卓)
カーボベルテ共和国代表の(左から)ジェイラ・ピナ、トロイ・ピナ、ラトローヤ・ピナ各選手(カメラ・竜田 卓)
カーボベルテ共和国代表のトロイ・ピナ選手(カメラ・竜田 卓)
カーボベルテ共和国代表のトロイ・ピナ選手(カメラ・竜田 卓)

 7月、韓国・光州で開催された世界水泳選手権の競泳取材で、アフリカの小さな島国を国籍に持つ外国人選手に出会った。

カーボベルデ共和国代表のトロイ・ピナ選手(20)だ。会場の電光掲示板での国名の表示は「CPV」。初めて同国を知り地球のどこにあるのかわからなかった。同国はアフリカ大陸・セネガルの西沖合にある人口約53万人の島国だ。数十の大小の島で構成され雨が少なく年中晴れた日が続くが「その中のサル島が観光地として有名で美しい島だよ」と教えてくれた。そんな太陽に近い島国から、長姉のラトローヤ選手(23)、次女のジェイラ選手(15)のきょうだい3人で同国を代表して出場した。

 彼との出会いは競泳大会が始まる3日前だった。カメラマンの私は日本代表が練習するためプールサイドにいたところ、立派な胸筋を持つ男性がスマートフォンを片手に「大会に出場するので、(レースの)写真を撮ってほしい」と声がかかった。「お金を払います」とまで言われたがそれは断り、こちらも少し戸惑ってしまったが、笑顔が素敵な好青年だった。レースを記録する自国メディアもいないとのことだったので、会社の許可もあり引き受けた。

 トロイ選手は米国産まれの5人きょうだいの長男。ラトローヤ選手の影響で13歳のころから本格的に水泳を始め、現在は同国セントピーターズ大に所属している。ジェイラ選手も兄・姉の力泳に影響を受けたそうだ。互いに切磋琢磨しきょうだい3人は同国の競泳選手として認められると、2018年9月のアルジェリアで開催されたアフリカ選手権に初出場、同年12月の中国の杭州世界短水路選手権を経て、長水路(50メートル)での競泳大会出場は今回が初めてだった。

 トロイ選手は五輪種目である50メートル自由形と50メートルバタフライにエントリーした。今までとは会場も観客も規模が大きくなった世界大会だ。スタート台では胸を張って大きく息を吐き気合十分で臨んだ。いずれの種目も予選落ちだったが自身のベストタイムを更新。特に自由形は25秒64で1秒のタイムを削った。取材をするミックスゾーンでは息が切れていたが、その表情はすがすがしく「バタフライはもがいたけど、自由形では気持ちを切り替えた。ベストタイムを出せてよかったよ」と充実した初めての国際大会だったようだ。

 現在、家族は米国で暮らしている。国籍の持つカーボベルテにはスイミングプールがない。現在建設中で東京五輪までには完成予定だそうだ「(練習)環境が整っていれば五輪前にカーボベルテでトレーニングするプランはあります」と話す。東京五輪では、ラトローヤ選手と共に50メートル自由形にエントリー予定。次戦は来年4月の南アフリカ共和国で開催されるアフリカンネイションズ大会に参加し、アフリカ大陸の試合を中心に調整し東京に向かう。「日本はまだ一度も行ったことがないんだ。(自身が通う大学に近い)ニューヨークに街並みが似てると聞いたことがあるくらい。東京にいったら日本のカルチャーに触れてみたい。待ち遠しいよ」と本番を心待ちにしている。

 妹のジェイラ選手は2024年のパリ五輪を目指すという。同国選手は96年夏季のアトランタ五輪以降毎回出場しているが、全体でメダルを獲得した選手は一人もいない。「いつかはきょうだい全員で五輪に出場したいし、互いに競い合っていきたい夢がある。そしてメダルを獲得してカーボベルテに持って帰りたい」と決意に満ちている。

 忙しい練習スケジュールの合間に3人がそろって私の元へ来てくれた。ラトローヤ選手とは初対面だったがグータッチでのあいさつから「すばらしい写真をありがとう」と何度も感謝された。トロイ選手に「3人で写真を撮ろう」と話すと「もちろんです。この写真あとで必ず送ってね」と仲良く肩を組んでカメラに向かって笑顔を見せた。きょうだいの挑戦はまだ始まったばかりだが、いつか3人がメダルをさげた姿でまた揃って欲しい。そう思いながらシャッターを切った。(記者コラム・竜田 卓)

カーボベルテ共和国代表の(左から)ジェイラ・ピナ、トロイ・ピナ、ラトローヤ・ピナ各選手(カメラ・竜田 卓)
カーボベルテ共和国代表のトロイ・ピナ選手(カメラ・竜田 卓)
すべての写真を見る 2枚

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請