ボートレース蒲郡【G1レディースチャンピオンまであと6日】最多優勝は山川美由紀の4V

昨年は山川美由紀が大会最多となる4回目の優勝を飾った。51歳9か月の大会最年長V記録も更新した
昨年は山川美由紀が大会最多となる4回目の優勝を飾った。51歳9か月の大会最年長V記録も更新した

 大会の歴史 今年で第33回目を迎えるレディースチャンピオンは、1987年に「女子王座決定戦」として創設。第1回大会は浜名湖で開催された。初代女王に輝いたのは業界のアイドル的存在だった鈴木弓子さん(旧姓・田中=引退)。初めは一般戦の扱いながら優勝賞金は破格の400万円だった。88年4月からグレード制が導入され、翌89年3月の第2回(多摩川)以降、第12回(尼崎)までG2競走として実施。優勝賞金は600万円にアップした。第2回は日高逸子が7連勝の完全V。第3~5回は鵜飼菜穂子が3連覇(5回大会は8連勝の完全V)を飾った。

 00年の第13回大会からG1競走に格上げされ、賞金も1000万円(第20回~24回は750万円)に。翌年のSG「ボートレースクラシック」への出場権も与えられた。第2回~第25回までは3月のひな祭り前後に行われてきたが、「賞金女王決定戦(現G1クイーンズクライマックス)」が年末に新設された12年度より、第26回(若松)から8月上旬に開催時期を移行。14年の第28回(三国)からレース名を現在の「レディースチャンピオン」と改称し、今では真夏のプレミアムG1として根付いてきた。

 ナイター開催は12年若松、15年まるがめ、18年桐生に続いて今年の蒲郡で4回目となる。大会最多優勝は昨年まで鵜飼菜穂子、横西奏恵(引退)、山川美由紀の3回で並んでいたが、昨年の桐生大会で山川が優勝し、単独トップの4Vに。今大会で山川が優勝なら4人目の連覇となる。(平田 裕二)

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請