【ロッテ】11戦未勝利の涌井、2軍降格「早い回にマウンドを降りて申し訳ない」

ロッテ先発の涌井秀章
ロッテ先発の涌井秀章

◆ロッテ4―8オリックス(31日・ZOZOマリン)

 ロッテ・涌井秀章投手(33)が自己ワーストを更新する11試合連続未勝利となり、試合後に2軍降格が決まった。

 初回に三木の失策で1死一塁とすると、吉田正に右翼テラス席への2ランを被弾。3回にも失点し序盤からリズムを崩した。

 アクシデントにも見舞われた。2―5となった4回2死一、二塁で代打・西野の強烈なライナーが左手付近に直撃しベンチ裏へと下がった。

 数分後、患部にテーピングを施し再びマウンドへ上がったエースだったが、2死満塁のピンチから吉田正に押し出し四球を与え苦悶(くもん)の表情。続くロメロは見逃し三振に抑えたが、4回83球、8安打を浴びて6失点でKOされたエースは「こういう形で早い回にマウンドを降りてしまい申し訳ないです」と声を絞り出した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請