貴景勝 万全の状態で秋場所へ 師匠が夏巡業“全休”も示唆

貴景勝
貴景勝

 大相撲の名古屋場所を右膝の負傷で全休し、夏巡業も初日から休場している大関・貴景勝(22)=千賀ノ浦=について、師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)が31日、「また本人と話しますけど、今のところは巡業は全然考えてないです」と巡業の全休も視野に入れている事を明かした。

 千賀ノ浦部屋は31日に、稽古を再開した。しかし貴景勝の姿はなかった。師匠によると、膝専門のトレーナーなどで組んだチームの指導の下、リハビリに励んでいるという。電話で連絡を取り合っているという千賀ノ浦親方は「日に日によくはなっている。筋力もどんどん取り戻してきているところ」と話した。

 土俵に下りての稽古再開については今後、貴景勝と話をして決めるとした。部屋は8月6日から千葉・印旛郡での合宿を予定しているが、「巡業も休んでいるので、連れて行きません」。部屋の力士らが合宿から帰ってくる8月11日以降に、千賀ノ浦部屋での稽古再開が見込まれる。

 今後の見通しとしては「押し相撲は、相撲勘が戻りづらいから。番付発表(8月26日)から3日後くらいから、(相撲を取る)稽古が出来るようになったら一番ベスト」と師匠。相撲を取る事が出来る状態になれば、幕下以下の力士、関取衆と、徐々にその負荷を重くして状態を仕上げていく狙いだ。

 名古屋場所を全休したことで、夏場所からの2場所連続負け越しと大関からの陥落が決まった。秋場所(9月8日初日・両国国技館)の出場について、師匠は「もちろん、出場します。出場する方向で。本人も出たいでしょうし、私としても、もちろん」。秋場所で10勝以上すれば特例で、大関に復帰できる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請