高評価の久保建英、トップチームで開幕迎える可能性も

 【ミュンヘン(ドイツ)30日(日本時間31日)=本田千尋】スペイン1部Rマドリードの日本代表MF久保建英(18)は、英プレミアリーグのトットナム(イングランド)に0―1で敗れ、31日の3位決定戦にまわることになった。日本代表MF久保建英(18)は、後半36分から出場した。

 31日の3位決定戦では、この後行われるバイエルン対フェネルバフチェの敗者と対戦する。この日は9分間の出場ながら3本のシュートを放った久保は、この一戦で先発する可能性が高い。

 久保は当初、北米遠征後はカスティージャ(Bチーム)に合流予定だったが、米国で行われたインターナショナル・チャンピオンズ杯で評価を高め、トップチーム残留が決まり、アウディ杯(31日にはバイエルンかフェネルバフチェと対戦)のメンバー24人に入った。チームは現在、スペイン代表FWアセンシオを始め負傷者が続出しており、今大会でアピールできれば、トップチームで開幕を迎える可能性も出てくる。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請