トンガ出身のFWコンビ、ヴァル&ウヴェ「日本のために勝ちたい」

試合形式の練習で汗を流すヴァルアサエリ愛(中)
試合形式の練習で汗を流すヴァルアサエリ愛(中)

 トンガ出身の日本代表FWコンビが30日、“恩返し”を誓った。プロップのヴァルアサエリ愛(30)=パナソニック=は正智深谷高入学のため来日し、埼玉工大へ。ロックのヘル・ウヴェ(29)=ヤマハ発動機=はニュージーランド(NZ)の高校を経て拓大入学。共に日本人の妻をもち、トンガ代表には元チームメートもいる。ヴァルは「中学時代の先輩とスクラムを組むかもしれない」とワクワク。ウヴェも「トンガ戦は兄と戦う気分だけど、出場して打ち負かしたい」と燃える。

 大阪・堺合宿2日目のこの日、両選手は試合形式練習で主力組に入り、精力的にプレー。29日のミーティングではNZ出身のリーチ マイケル主将(30)=東芝=が、1980年代にトンガから来日して日本代表として91年W杯予選でトンガ代表を破った“パイオニア”シナリ・ラトゥ氏(53)の功績をたたえ、チームの士気を上げた。ヴァルもウヴェも「日本のために勝ちたい」と口をそろえる。日本を愛し、日本人になった両FWがW杯へチームを加速させる。(田村 龍一)

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請