【オリックス】田嶋が5回2失点で降板「長いイニングを投げることができなかった」

◆ロッテ―オリックス(30日・ZOZO)

 オリックスの田嶋大樹投手(22)が5回5安打2失点で降板した。104球を投げて7奪三振だった。味方の援護がなく勝利投手の権利はなかった。

 「今日は先のことを考えず、余裕を持ってマウンドに上がることができました。先発として最低限の仕事ができたところはよかったです。ただ長いイニングを投げることができなかったので、そこはしっかり反省して次にいかしたいと思います」と5回での降板を反省した。

 初回は四球を出したが無失点。2回も四球を与えたが、3つのアウト全てを三振で取った。0―0の3回2死二塁から鈴木に中前適時打を浴びて先制を許すと、1点を追う5回2死からマーティンに右越えソロを被弾した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請