メルカリ、J1鹿島の株式61・6%の取得を正式発表 経営権取得へ Jリーグ理事会で承認

メルカリが鹿島の経営権を取得
メルカリが鹿島の経営権を取得

 IT大手・メルカリ社(本社・東京都港区)が、J1鹿島の経営権を取得することが30日、決まった。

 鹿島を運営する日本製鉄が保有する鹿島の株式72・5%のうち、61・6%をメルカリ社に譲渡したことが同日、発表された。同社と日本製鉄が30日付で株式譲渡契約を締結。同日に都内のJFAハウスで行われたJリーグ理事会で報告され、承認された。

 前身の住友金属工業蹴球団が創部した1947年から、運営母体としてクラブを73年間に渡って支え続けた日本製鉄は、株式11%を残し、今後も公式スポンサーとしてクラブをサポートしていく。残る株式は、地方自治体が10・8%、その他企業が16・6%となる。

 鹿島の庄野洋・代表取締役社長は「鹿島アントラーズは、住友金属工業時代から長きにわたりクラブを支えてきた日本製鉄に加えて、今般新たにメルカリを迎え入れ、草創期の伝統を守りつつ、新たな時代を切り拓いてまいります。クラブの持続的な成長と発展に向けて、メルカリが有するさまざまな資産を活用し、ホームタウンやステークホルダーの皆さまと、アントラーズの永遠のテーマである『Football Dream』を追求してまいります」とコメントした。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請