堀ちえみ「花の82年組」同期会が実現 石川秀美と32年ぶり対面、シブがき隊から花束も「感謝」

インスタグラムより@yuyuhayami
インスタグラムより@yuyuhayami

 2月にステージ4の舌がん、4月に初期の食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみが30日、自身のブログを更新し、同じ1982年デビューの早見優、松本伊代、元シブがき隊の薬丸裕英、石川秀美夫妻らと食事会したことを明かした。

 堀は「フジテレビ『夜のヒットスタジオ』の司会、芳村真理さんを囲む会を、同期の薬丸夫妻が企画してくれました。ありがとう!!!」「美味しいイタリアンをいただきながら、楽しいお話で盛り上り、笑いっぱなしの4時間を過ごしました」と報告。

 手術前から同期会を望んでいた堀は「芳村さんも同期のみんなも、私の病気の事をとても心配してくださって。元気になった姿を見て心から喜んで下さり、有り難いです!」と喜んだ。

 そして「今回のこの会で、石川秀美ちゃんと32年振りの再会を、果たせましたよ!」と報告。「薬丸くん布川くんとも、本当に久しぶりで」と元シブがき隊の布川敏和も駆け付けたことを明かし、「シブがき隊の三人から、『大変な手術本当によく頑張ったね!』と綺麗なお花をいただきました。とても素敵なお花です。ありがとう」と感謝した。

 「今日来られなかった同期のみんなも、私の手術の日に空を見上げて、無事を祈ってくれていたそうです」と堀。「82年組は温かい。同期の仲間は本当に宝物です。どれだけ感謝の言葉を言っても、足りないくらい。たくさんたくさん、ありがとう。心の底から感謝です」と繰り返し、「芳村さん・薬丸くん・布川くん・伊代ちゃん・秀美ちゃん・優ちゃん。楽しい夜をありがとうございました」とつづった。

 また、出席した早見もインスタに集合写真をアップし「素敵な芳村真理さんと、同期仲間との集まり。感謝の気持ちでいっぱいです」「花の82年組」とコメント。フォロワーからは「仲間って良いですね」「みんな今でも綺麗だな」「昔の思い出が色々蘇ってきて青春そのもの」「素敵な5ショット!」などのコメントが寄せられていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請