【ドリームマッチ】桑田真澄が“連投”で、西山との中学バッテリー再現

中学以来となるバッテリー組んだ桑田真澄(右)と西山秀二(カメラ・越川 亘)
中学以来となるバッテリー組んだ桑田真澄(右)と西山秀二(カメラ・越川 亘)

◆サントリー ドリームマッチ2019 ザ・プレミアム・モルツ球団―ドリーム・ヒーローズ(29日・東京ドーム)

 ドリーム・ヒーローズのエース、桑田真澄(51)は4回に登板した。28日の「マスターズ甲子園2019」大阪予選決勝で、PL学園OBとして布施OB戦に登板してからの連投となった。

 試合前に記者から連投を聞かれた桑田は「投げるよ」と宣言。いきなりランディ・バース(65)との夢の対決となり、中前に行きそうな打球をバースシフトで三ゴロに仕留めた。

 和田一浩(47)に左前に運ばれ、代走・高橋雅裕(55)に二盗、三盗を許したが、2死から捕手が村田真一(55)から大正中時代にバッテリーを組んでいた西山秀二(52)に代わり、谷繁元信(48)を三ゴロに仕留めてみせた。5回からは斎藤雅樹(54)にマウンドを譲った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請