稲見萌寧、19歳最後の日に初V「はざま世代のダイヤモンドを目指す」

スポーツ報知
通算9アンダーで優勝した稲見萌寧は、右手を突き上げてガッツポーズ(カメラ・今西 淳)

◆女子プロゴルフツアー センチュリー21レディス 最終日(28日、埼玉・石坂GC=6470ヤード、パー72)

 29日に20歳の誕生日を迎える稲見萌寧(都築電気)が5バーディー、3ボギーの70で回り、通算9アンダーでツアー初優勝を飾った。1998年度生まれの「黄金世代」と2000年度生まれの「プラチナ世代」に挟まれた99年度生まれ。「はざま世代のダイヤモンドを目指します」と宣言する稲見が19歳の最後の日にツアー史上15人目の10代覇者になった。1打差2位は青木瀬令奈(26)=三和シヤッター工業=と韓国のイ・ナリ(31)=GOLF5=。

 入れれば優勝、外せばプレーオフ。最終日の最終18番。初Vを狙う選手にとっては手が震えるような場面だが、稲見は肝が据わっていた。3メートル、薄いスライスラインのバーディーパットをねじ込むと、右手を天に突き上げガッツポーズ。うれし涙を流した。

 1年前の7月27日。プロテスト最終日の18番で、ほぼ同じ距離とラインのバーディーパットを決めて、ぎりぎりの20位で合格した。「あれに比べれば余裕。心はしびれていたが、体はしびれていなかった」と堂々と話した。

 ツアー本格参戦1年目ながら賞金ランク14位に躍進し、一気に初シードを決めた。急成長中の稲見を支えているのは、小学生時代から並外れた練習量だ。

 東京・豊島区池袋出身。9歳でゴルフを始めた後、荒川河川敷の「新東京都民ゴルフ場」でボールを打ち続けた。レジェンド・青木功も若手時代に腕を磨いた歴史あるコースだ。夜明けとともにラウンドし、学校が終わった後、再び河川敷ゴルフ場へ。「ジュニアは1日2100円で回り放題。小さい頃、普通の練習場の人工芝マットではなく、河川敷の天然芝でたくさんボールを打っていたことは、良かったと思います」。毎日、送り迎えを繰り返した父・了(さとる)さん(41)は回想する。

 中学入学と同時に千葉市に練習拠点を移した後も年中無休の日々。「インフルエンザにかかった時も練習しました」とサラリと話す。

 なぜ、そんなに練習するのか、できるのか。稲見には確固たる信念がある。「世界一の選手になるためには世界一、練習をしなければならない」

 “黄金”と“プラチナ”に挟まれた99年度生まれ。「はざま世代のダイヤモンドを目指す」稲見の目標は大きい。「五輪に出たい。メジャーにも挑戦したい」と野望を明かした。

 29日は20歳の誕生日。ただ、その記念すべき日も、いつものように過ごす。次戦の大東建託・いい部屋ネットレディスに向け、会場の山梨・鳴沢GCで午前10時から練習ラウンドをスタートする。(竹内 達朗)

 ◆女子ゴルフ「〇〇世代」 勝みなみ、畑岡奈紗ら8人の優勝経験者がいる1998年度生まれは「黄金世代」と呼ばれる。エビアン選手権で予選通過した安田祐香ら2000年度生まれは「プラチナ世代」「ミレニアム世代」と呼ばれることもあるが「黄金世代」の同時期に比べると、実績は残していない。稲見、賞金ランク91位の吉本ここねら99年度生まれは「はざま世代」と呼ばれるが今後、飛躍する可能性も持つ。

 ◆稲見の優勝用具 ▽1W=キャロウェイ・エピックフラッシュ(ロフト角10.5度、シャフト45インチ、硬さX)▽3、5W=キャロウェイ・エピックフラッシュ▽4、5U=テーラーメイド・グローレF▽5~9I、PW=テーラーメイド・P770▽52、58度ウェッジ=タイトリスト・ボーケイSM▽パター=キャロウェイ・オデッセイOワークスツアー▽ボール=キャロウェイ・クロムソフトX

 ◆稲見萌寧(いなみ・もね)アラカルト

 ▽生年月日 1999年7月29日

 ▽出身地 東京・豊島区

 ▽名前 「よくクロード・モネ(フランスの画家)が由来と言われますが、違います。母(直子さん、39)が寧には丁寧、優しいという意味があるから、とつけてくれました」

 ▽ゴルフ歴 9歳から

 ▽学校 ゴルフの練習環境を優先させるため、通信制の日本ウェルネス高で学んだ。現在、日本ウェルネススポーツ大に在学中

 ▽ゴルフ以外の習い事 書道、習字。父・了さんいわく「とりあえず字がうまければバカに見えないでしょう」

 ▽家族 両親

 ▽師匠 奥嶋誠昭コーチ

 ▽サイズ 166センチ、58キロ

ゴルフ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×