白鵬 新十両・琴ノ若に異例の稽古で笑顔「一つの恩返しの形」

大相撲の夏巡業で、琴ノ若に稽古をつける白鵬(左)
大相撲の夏巡業で、琴ノ若に稽古をつける白鵬(左)

 大相撲の夏巡業が28日、岐阜市内で行われ、横綱・白鵬(34)=宮城野=が、佐渡ケ嶽親方(元関脇・初代琴ノ若)を父に持つ十両・琴ノ若(21)=佐渡ケ嶽=に稽古をつけた。祖父は元横綱・琴桜と親子3代で関取となった有望株に、約5分間、胸を出した。

 横綱である白鵬が、十両力士に稽古をつけるのは異例。「白鵬杯でも小さい頃から知ってるからね。お父さんとも対戦あるし。それを思うと、ちょっと稽古をつけてやろうか、そういう気持ちになった」と笑顔で語った。元横綱の孫だから、という意識は無かったというが、「自分がお世話になったというのも、恩返しというか。(琴ノ若の)思い出に残ればな」と、佐渡ケ嶽親方から受けた恩を、次の世代につないだ。

 琴ノ若は、新十両だった名古屋場所を8勝7敗で勝ち越した。胸を出し、当たりを受けた横綱は「重さがあるし、いいね。また経験をして、幕の内に上がって行くと思う」と評価。「懐が深いところが、似てるよね」と、初代・琴ノ若と、姿を重ねた。角界での世代交代が叫ばれる中、「(次の世代を)育てるというのは、一つの恩返しの形」と、第一人者としての思いを土俵で示した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請