桃田賢斗が2連覇達成し、男泣き「泣くはずではなかったですが…泣いちゃいました」

男子シングルスで優勝し男泣きする桃田賢斗
男子シングルスで優勝し男泣きする桃田賢斗
男子シングルスで優勝した桃田賢斗
男子シングルスで優勝した桃田賢斗

◆バドミントン ジャパン・オープン 最終日(28日、東京・武蔵野の森スポーツプラザ)

 男子シングルス決勝で、世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)が同7位のJ・クリスティー(インドネシア)を21―16、21―13のストレートで下し、2連覇を果たした。

 第1ゲームを奪った後、第2ゲームは9―8から時速355キロのスマッシュで会場をどよめかせた。「攻撃して来ようとする姿勢が見えたので、ここはガツンと一発打とうかなと思った」。そこから圧巻の8連続ポイントで、相手を最後まで寄せつけなかった。

 優勝インタビューでは感極まって男泣きした。「地元で試合をするチャンスも少ない。平日からたくさんの方が会場に来て下さって、応援してくれて何としても優勝するところを見せたかった。泣くはずではなかったですが、泣いちゃいました」と照れ笑いを浮かべた。

男子シングルスで優勝し男泣きする桃田賢斗
男子シングルスで優勝した桃田賢斗
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請