【巨人】今季初スタメンの立岡宗一郎 今季初タイムリー 「何とかしたかった」

2回2死二塁、立岡宗一郎が中前に適時打。捕手・坂本誠志郎
2回2死二塁、立岡宗一郎が中前に適時打。捕手・坂本誠志郎

◆巨人―阪神(27日・東京ドーム)

 巨人の立岡宗一郎外野手(29)が、「1番・左翼」で今季初のスタメン出場し、今季初タイムリーヒットを放った。

 1点リードの2回2死二塁。先発・西の初球を捉え、中前へとはじき返した。「何とかしたかった。一生懸命打ちました」と振り返った。

 前日(26日)の同戦(東京ドーム)でも9回に代打で出場し、中越え二塁打を放っていた。

緊急アンケート「巨人を語ろう」
 スポーツ報知では「10の質問」を用意し、ユーザーの皆様に巨人に関する緊急アンケートを実施します。集まった貴重な意見を吟味し、巨人・今村司球団社長に渡して意見を伺います。ぜひ、ご投稿ください!
アンケートはこちら

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請