元日本代表DF加地がサイドバックの極意を伝授 「フットボールレジェンズクリニック」

 サイドバックには、サイドバックにしかわからない感覚がある。そんな発想を元に、かつてG大阪などで活躍した元日本代表DF加地亮氏(39)が講師を務める「フットボールレジェンズクリニック」が、8月7日に大阪府堺市のJグリーン堺で開催される。現役時代は右サイドバックとして、2006年のドイツW杯にも出場し、G大阪でも数多くのタイトル獲得に貢献した加地氏。サイドバックに必要な技術を攻守において解剖し、目線や体の向き、考え方などを徹底して指導するという。

 現役時代はオーバーラップからの攻撃参加を得意とした加地氏は、理想とするクロスを「GKが一歩出てやめるクロス」と表現。自らの経験を元に、守備側のGKやDFが嫌がる危険なクロスについて指導する。守備でもボールサイド、ボールと逆サイドでの守備など、細部にわたってサイドバックでしかわかりえない専門技術を直接伝える。

 同クリニックは第2回の開催も決定しており、8月14日に元日本代表MF福西崇史氏(42)が講師となり、ボランチの専門講座を東京・銀座DEフットサル 蒲田スタジアムで実施する。詳細は「フットボールレジェンズクリニック」HPまで。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請